2016年8月21日日曜日

8月20日は~

埴輪の日~。
ということでした。
いやいやむしろミーツー部の日でしょう。
ははは~。

ということで、明日(ここでは20日のこと)は早起きしないといけないので早寝を決め込んで布団に横たわるのでしたが、なかなか寝れません。
一応エアコン効かせてるんですが、どうにも寝苦しい。
妻らが寝静まった後、起きだしてアニメを見たりして過ごしておったんですが、このブログにコメントが付いたのに気付いて、そういえば寝ないといけないことを思い出して!25時半くらいにどうにか寝入ったのです。

そんなこんなで今治を朝5時すぎに出ました。
カメラテスト。
曇っています。
朝は涼しいと思っていたが、湿った風がまとわりつく。
ちょっと気持ち悪い。
 しまなみを渡りR2からR185、何時ものコンビニで朝食。

店のねーちゃんが骨が細くてかわいいと。
ねーちゃん目当て。

この雲は持たないと見た。

だんだん雲が太陽に溶かされていく。
なんか山に字が書いてある。

川尻と言うところから野呂山に向けて登っていく。
みなさんにはストレスがたまる動画だと思う。
ゆっくりゆっくり。
ころんだらいけんけえの。
ロータリーまで。
路面が結構荒れていた。
昔は賑やかだったのかもしれないが、今は寂れてきている。

写真は涼しげだが(反語)。

asamiさーんと叫んでみるがヤマビコは聞こえず。
関係ない曲をどうぞ。

下っていくことにした。
しばらく下ると、asamiさんと遭遇。
asamiさんのこれからの予定も都合も聞かずに「呉に向かう方のコンビニに行きたい」とリクエスト。すぐさまエスコート開始するasamiさん。
道はさっき登ってきた方より新しいんだけど、まだ路肩の草刈りが終わってないようであちこちブラインドカーブってやつになっていた。
(ユーチュー部の方に他の動画も上げていますが、都合が悪かったら教えてくださいね。)
asamiさんはいつもは今回とは逆向きにここの野呂山のツーリングを楽しんでおられるようです。
他の二輪な人たちもよく利用しているとのこと。
(昔はもっと…。)
下っていく道、時々視界が開けて遠くまで見通せて、とても気持ち良かったです。飛んでるみたいにハイってやつ。
今回僕が登りで利用した川尻から野呂山へのルート、下るともっと気持ちいいとのことなので機会があればたどってみようと思います。
さて。
しばらく呉方面に誘導していただき。
そういえば見たことあるわって言う景色を見ながら。
コンビニ到着。
  僕が好きな角度。
 この2台の組み合わせ、よく見るような。
 最近着けられたミラー。
おもしろ。
かわいいですね。
これもしばらく前に換装されたところ。
おもしろいでしょ。
 
しばらく歓談ののち、僕が仕事に遅れないように、つまり迷わないように呉別れ(これから仕事!と休日!の別れですな)のところまで先導してもらった。
ありがとうございました。
短くも楽しいひと時であったことよ。

その後、無事会社についたものの、疲れ果てていたらしい。

15時解放で帰路のミーツー部。
 またしてもいい加減な積み方だ。
 夏の空気が船尾で水に落ちて無理やり混ぜられ流されていく。
 コスプレな観光船。
この日は利用者が多かった。夏祭り的なイベントが島であったようだ。
ビキニギャルや浴衣姿のアベックがうろうろ。
溶けてしまえばいいのにと思った。
来月通る時には、もうそんな景色は見れないのだろうなあ。

今回の燃費。エアクリもプラグも換えて臨んだので期待していたのだが、307㌔9.73㍑なので31.55㌔/㍑と前回よりも下がるというパテーン。
あと、動画を見ていて反省したのだがアクセルを回すのとギアを変えるタイミングがあっていないのでは。
そして結果かぶり気味になっているようにも思う。
だからしばらく走った後エンジンがかかり難かったりするのかねえと。

2016年8月19日金曜日

8月18日は~

昨日は、お米の日。
おこめおこめおこめ~
おこめ~をたべ~ると~
お魚天国の替え歌考えてたんだけどあまり上手いこといかなかったので、こういうことは才能ある人に任せときましょう。

お米美味しいですよね。
特にちゃんと精米したやつをちゃんと炊いたやつ。

そして今日8月19日はバイクの日。
バイクというと、僕的にはオートバイなんですが世間的には自転車のことみたいですね。
多数決だとそうなるような。
どうでもいいけども。

そして明日8月20日は、埴輪の日。
かわええ。
こんなん掘り出したら持って帰る。
 伸びやかな太ましい足。
 ちゃんと見て、ディフォルメかけているのが判りますね。
こういう人、今でも見かけるような。
自衛隊の皆さん、こんな服どうでしょう。
日本人に脈々と受け継がれている「かわいい」デザインの源流。
(ちなみに8月28日も埴輪の日になっているらしい。)

あと明日8月20日は晴れそうなのでミーツー部の日。
また呉まで走ってこようと思います。
行きで時間が余ったらまた野呂山登ってみよう。
朝はまだ気持ちいいです。

2016年8月17日水曜日

8月17日は~

パイナップルの日だってさ。
ふーん。

僕的には「美味しいやつは意外と美味しい」くらいの位置づけ。

夏は終わってしまった。
これからしばらくただ暑いだけの夏の名残の時期が続くのだろう。
良い子のみんなは宿題は済ませただろうか。

さて、盆前荷物が届いていた。

 盆中から盆後にかけて、買ったタッチペンのうち、どれが一番ルネフレームの色に近いか問題をやってみた。
どうだろう。
横に長く引いた線が2行。クリアー2種。上段がトヨタ用210(T-70)。下段がクリアー(X-2)。
縦に短く引いた線が4列。メタリックカラー4種で
左からトヨタ用209(T-61)トヨタ用1E2(T-27E)ダイハツ用X07(D7593)ニッサン用KH2(N-44)。
(メタリックカラーなので、クリアーを上塗りして塗膜は完成するらしい。)
この中ではトヨタ用1E2とクリアーの組み合わせが一番近いんじゃあないかいと思ったが、やや薄め(明度高め)に見えます。

あと、プラグを換えた。まあまあ黒くなっている。前後ともに。
フィルターも換えた。
まあまあ黒く。まだまだ行ける気がするけども。

悪くはならないと思う。

2016年8月5日金曜日

カフェ→カレー

2chのカフェレーサースレをロムロム。




なんか面白い。実験的な感じがして。
カフェレーサースレって4dnスレなんかより、よっぽど殺伐としているんですが、写真が多めなのがいいですね。

でどういう流れなのか僕にはわからなかったが、ロイヤルエンフィールドが取り上げられ、

この動画が貼られた。
動画タイトルが「エースカフェ→マドラスカフェ」。

インドって(当たり前ですけども)英国の影響が残っているんですね。
英国を暖かく埃っぽくするとインドになる。
インドを寒く湿っぽくすると英国になる。

で英国風っていうとSRVもそうだったなあと。
(アメリカンをブリティッシュするとSRVになっちった。)

インドといえばヒンドゥーとカリー。
コーヒーとカレーって合うと思ってるんですが。
それでカレーオフとかやってるんかなーってちょっと思いました。

この動画も貼られていた。
こういう、延々とタンクにハンドペインティングしていくカーストにだったら、生まれ変わってもいいかもしれんですねえと、現実を知らない僕などは、無責任に思うのです。

2016年8月4日木曜日

夏の女は発情している

プリニウス曰く。
お宅の奥さんどうなってますか?
うちはまあノーコメントです。
もっと余生を楽しもうよ~とは思いますが。

先日釣りに行ったときに、花火とかして騒いでいる高校生くらいのアベックが港にいたんですが、僕が竿をしまって帰る時に、そのアベックの横を通り過ぎたのです。

防波堤のコンクリの上で、48手の帆かけ茶臼みたいな恰好で抱き合っていましたよ。
食料が増えてくる春先に子供を産もうと思えば、夏に発情するのは正しい姿なのかもですが。

うらやましくなんてないですよ。
どう枯れていくか、僕はそれだけです。

さて腹いせに、まだまだ枯れないわよ私の花をもっと見て~というかつてのディーバ2人を貼っておこう。

ちょっと前の映像です。
まずは僕らのマドンナ。
  
井森さんのあれを思い出します。
アゴの感じが岩崎宏美さんに似てきたような。
僕、岩崎さん好きですんでね、大歓迎ですねこの方向性。
最近は元気なのですかねえ。

 次はこの人。

オーストラリアから英国に渡って活躍の人ですね。
僕より3歳くらい上なんですが、枯れずに頑張っておられるようです。
ジェリーみたいなんでかわいい※ですね。
(オーケーテイクでこんくらいなのかな。)


このプロモ最初見た時はひゃーって思いました。
小さい女子って性欲が強いって聞いたことないですか?
(この人コーカソイドとしては小柄な方だと思います。)

たまらんと思うか、あさましいと思うか。
男の度量が試されるとこすね。




※ともすれば色情魔っぽくも見えんこともないですが、そこもいじらしく見えてくると、かわいいのですよ。






2016年8月1日月曜日

アングラールネッサ略してツリッサ

(しょーもな。)
アナゴ釣りに行ってきた。
今年は海草の伸びがいいのか、釣りにくい状況が続いている。

 いつもの港に着いた。
走行距離が41414.1㎞。
なんか釣れそうな気がしてきた。
 夏の夜は黒い。
 来島大橋がライトアップしていた。
 おや、僕がいつも竿を出すあたりに先客が。
 かっけー。
LEDのようだ。
竿の用意をして、エサをつけ投げ込む。
そのまま、魚信を待つ。
海草が引っかかっているとあたりがわかりにくくなるので、なんか引っかかってるな~と思うと、リールを巻いて投げなおす。
餌箱から目を離すと、猫さんが臭いを嗅いでいた。
エサの切り身(今日はサバだが)に気付いた模様だ。
念のため蓋の上に道具を重ねて重しにしていたので、盗られずにすんだ。
「おいこら!」と思わず言うとさっと飛びのき
「しっけいな、盗るわけないやろ」と距離をとって、じいっとこちらを見る。

「わしはお前さんが今持ってる、その切り身でええんやけど、まあ待っとるで」と離れない。

使えない部位を猫さんに投げてやる。
「まあ、まずくはないわな」とワシワシ食べる。

「まだ若干の余裕があるで、次あれば遠慮せんと投げや、待っとるで」と。
「おまえ、釣りに来たんやろ、早よ釣らんかい」というプレッシャーを感じる。

猫が着くということはもしかしたら今日は釣れるかも知れんね。
と思っていたら釣れた。
「やればできるやないかい、お~う、その釣ったのはくれんのか」
「びっくりしたわ~しぶいのう、お前しぶいけん釣れんのや」
「もうええ、帰ってこうわい」と立ち上がったので。
2本上げたところで僕も帰ることにした。
残ったサバの切り身をショバ代に渡して。

今年はあまり釣れない。
しかも小さい。せいぜい30㎝~40㎝といったところだ。

とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。