2016年9月28日水曜日

まにあわなくなってもしらんぞーー

雨ばっか降ってますな。
こちらの部品、ペダルを外すと結構軽い。
アルミ製ですね。
金鋸で切ってみると割とすんなり切れた。
 
カッコいいかどうかとかどうでもいいんですよ。

こっちも切って穴を埋めて、亜鉛がけ塗料を吹き付けた。

 サビなんて気にならなくなる。
くさいものには蓋。
 
百八均で板を買ってきた。
桐材だって。
なんかやばい感じ。
かっこ悪いような。カッコいいかどうかなんてどうでもいいけどかっこ悪いのは出来れば避けたい。

 大丈夫マナカナ。
 こっちも唯一のまともだったメットにタミヤアクリルのハルレッドを筆塗り。
 そして舶来物のアクリル水彩を指塗り。

やっていて、ものすごいどん底感。
これ被れないよう。
大丈夫かなあ。

こりゃ、やっちまったかな~って言うトコから出来るだけリカバーするのが工作の楽しみじゃあないか。
Aチーマーの面目躍如だ。

2016年9月22日木曜日

お~れも~

何をしようとしているかは察してほしい。
最近無職の
 フロントフェンダー(控え)。
 穴を空けた。
むずい。
力かけ過ぎなんだろうね。刃のエッジが立ってないので、どうしても押しこんでしまう。
全ての穴が狙いより向かって左上に逃げてしまった。
穴空け中、サビがほじられ出てきた。

穴空け後、塗料剥がし剤を使い。今回はすんなり落ちた。
 で切ってみようと線を引いて。
・・・。
 裏のサビが気になりはじめる。
そういえば今年の夏は、冷やし中華食べてないなあってあちこちでしゃべってたら、今治の人に「白雅のが上手いですよ」って聞いて、妻にそれを話したらインスタントのやつを作ってくれました。
美味しくてね。
もう店行かなくていいやんってなりました。
で。
 サンポールの銭形に来てもらい、洗ってもらった状態。
 でなんかグラインダで切ったり、削ったのち。
 またサビが気になるので今度はクレのサビ取りジェルで処理。
 この四角い凹み、意味あるんでしょうけど、ちょっとじゃまだなって思った。
 でやっぱりサビが気になるので、鋸刃に紙やすりを張り付けてヤスル。
ぼろぼろでる。
プラモ戦車の塗装に使えそうな色だ。
 フェンダーの裏側にやや厚めの鉄板が入っているのだが、それとの接合部がものすごくさびている。そしてフェンダーの折り返しの裏もものすごくさびている。

 間に合うのかね。

サビが気になりだして工作が進まなくなるってのは、小学生なんかが大掃除時間の終了間際に、タイルの間に詰まった埃が気になりだしてハサミの先を突っ込んでほじくりはじめたようなものだ。
長い比喩だ。




2016年9月16日金曜日

明日のミーツー部のけんじゃが

有志の皆さん、明日は自主練っちゅうことで。
しかも広島南部は降水確率高めですね。
筋トレとかしたらいいと思うよ!

明日は僕、荷物多いっていうか、帰りに冷蔵庫運ばないといけないので、ちょっとルネくんには荷が重いかなっていう。
明日は僕トラックの日ですわ。


2016年9月15日木曜日

9月15日は~

老人の日。
少し昔は敬老の日。
増えすぎた老人をどうしようか考える日だ。
あとスカウトの日でもある。

さて今日の画像検索。
その1。
蛾かな。
小さい蛾。何で僕の目を引いたかと言えば、動いているところを見ていただきたい。


ね、みた?見ていない人にざっくり説明しますと、グネグネ尾の部分がうごめいている。
一生懸命腰を振っているのだ。
多分蛾が好きで動かしているんじゃなくて勝手に尾の部分が動いてしまうんだと思う。
何かに寄生されているんだと思う。
何なのか興味がわきます。

ちょっと想像してみてください、生まれ変われるとしましょう。
で絶対嫌な生まれ変わり先のリストを神様とかそういった世界の全権に出さないといけないとしましょうか。虫は嫌!って書けば良さそうですけど学名で言わないと、そういう神様には通じない可能性がありますよね。
或は二択で、「トリミタイナガ(仮名)」か「オオコシミノムシ(仮)」どちらかを選べとかね。

ね、知りたくなったでしょ。知る必要が出てきましたよ。
僕はどっちも嫌だけど、蛾よりも憑りついている寄生虫の方が大変そうだなあと思います。

さて。
でグーグルさんで画像検索した結果!
「bird」だって。


きっと、どーでもいいんだろうなグーグルさん。

さて本日の画像検索その2。
キノコね。
食べられるか、食べておいしいのかまずいのか、食べたら毒なのか知りたかったんですね。
なんかおいしそうに見えるんですよ。
でグーグルさんで画像検索してみると、言葉は無く、類似の画像のみ。
ドーム状の何か、例えばピザ窯とか遺跡とかに見えるらしい。
で、写真がわかりにくかったんだろうと、別アングルの
こちらで画像検索。
「mushroom」だって。

そうそう、そんな感じだと思ったんだよね。

ってなるか!というお話。


2016年9月4日日曜日

怒りのゴーヤ

怒ってはないんですな。

夏が終わったという最近いかがお過ごしでしょうか。
ここ1週間でかなり涼しくなりましたね。
盆休みから二十日間くらいひどく暑くて、ちょっとどうなってんの!って思ってましたが、終わってみると寂しいものです。

で夏は終わったんです。名実ともに。でもそれを認められないっていうのがおるんです。くすぶっているような、まだ私は終わってないのに!ってなっているのが。
遅く出てきたセミとかね。うちのゴーヤとかね。

ちょっとグチらせてもらうと。
いつもグチっているのだが、それをさらにいうと。

うちのゴーヤ、暑いときは全く役に立ってませんでした。
植えたのが遅かったのか、なかなか広がってくれなくてね。
朝はいいんだけど、昼には萎れている。成長する余裕がない感じ。
「弾幕薄いぞ!何やってる!」って。
じゃんじゃん西日が入ってきてましたんで。
で涼しくなったら。急に勢いが出て来まして。どんどん弾幕が厚くなって。
「圧倒的じゃないか、わが軍は」状態。
でゴーヤがなりまくってるんですわ。
我が家の場合1週間で6本あれば足りるんです。
そういう事情ってのゴーヤさんにわかるわけはないのですが。
だいたいなま物ってのはゴーヤに限らず出来るときは出来過ぎるものなのか、出来過ぎたゴーヤを処理する方法ってのも調べるとありました。
例えば細く切ったゴーヤ
に。
塩をふって食べる。
しょっぱいゴーヤの出来上がり!

例えば更に。
酢に漬けたり。

食べてみるとほろ苦い、しょっぱくて、すっぱい青臭いものを食べているような。
まるで青春の思い出の様な味。

例えばサラダに。
…そんなふうに食べられるんだったら、そもそも余らないんですよ。

あとはお茶にするとか。
そうそう、苦みがお茶に似てますよね。

 でやっぱり私は。
 ゴーヤ焼きそば。

ゴーヤ焼うどん。
やっぱり炒めるのが一番いいです。



とりま

明日のミーティングみたいなやつ 順延だってさ。